どこまでも広がる広大なオリーブ畑
スペイン南部アンダルシア州のハエンで生まれた「ガウロス」
ガウロス船に乗って、日本へやってきました

スペインの味をそのまま
ガウロス船に載せて

日本までやってきました

スペインは山海の幸に恵まれた美食の国、新鮮な素材そのものを味わう料理が多いことで知られます。そのスペイン料理の基本は、世界一の生産量を誇るたっぷりのオリーブオイル。

スペイン料理の基本は、世界一の生産量を誇るたっぷりのオリーブオイル。

炒める、煮る、揚げるなど調理に使われるのはもちろん、卓上に置いてサラダや焼き魚にかけたり… ちょっと日本のお醤油と似ていませんか? 青々とした果実のような風味、ポリフェノールによる心地良い辛みや苦み、そしてサラッと軽やかな口当たり。こんな「特別」なオイルでもスペインの人にとっては「当たり前」。

スペイン、ハエンのオリーブ畑の様子

ひとりの日本人女性がスペインで一番に美味しいと感じたオリーブオイルこそ「ガウロス」。 現地の人たちの、本当に質の良いオリーブオイルを作ろうというこだわりを直に感じて、これだけ手塩にかけたオイルを広めていきたい!と販売にも携わることになりました。 オリーブオイルソムリエでもある彼女の協力・監修のもと、故郷である日本へ「これが本当のオリーブオイルなんだ」という驚きを伝えたいと思います。
紀元前に「ガウロス船」が地中海を行き来したように、オリーブオイル「ガウロス」がスペイン本場の味をそのままお届けします。

スペイン、ハエンのオリーブ畑の様子
ガウロス エキストラバージンオリーブオイルをお楽しみください
GAULOS extra virgin olive oil
GAULOS extra virgin olive oil

世界一の産地、ハエンから。

世界一のオリーブ産地、ハエン

数千年の歴史があるオリーブオイルですが、実は「品質」の大切さが気づかれたのはごく最近のこと。フレッシュで豊かな味わいがあり、オレイン酸や各種ポリフェノールなどの健康成分を含んだ「本物のエキストラバージンオリーブオイル」は、上質なオリーブの実と徹底的な温度管理の末に得られる特別なものです。

オリーブオイルの中でも手間暇をかけて作られた上質なオイルの価値に気づいてもらうため生まれたのが、スペイン・アンダルシア州、ハエンの「オリアエサ社」。全世界の約20%ものオリーブオイルを生産するハエンで、個人の利益ではなく「スペインのオリーブオイル」のために設立され、胸を張って提供できる本物のオリーブオイルを厳選し世界へ送り出しています。

ハエンはスペインの南、アンダルシア州にあります。
GAULOS extra virgin olive oil
伝統的なオリーブの製法:ガウロスは歴史あるオリーブオイルの産地で生まれました

地中海を駆け巡った「ガウロス」船

「ガウロス」とは、古代の地中海交易で使われた船。生活必需品であるオリーブオイルはもちろん、塩や織物、装飾品などを各地に届け、伝えられた文化は今にも続いています。世界に変わらない価値を届ける願いが「ガウロス」の名前に込められています。

アンダルシア州の美しい海
ガウロスは地元スペインでは広く知られる「オリアエサ」が手がけたオリーブオイルです

栽培・収穫

スペインでは土地や気候の特性を踏まえたうえで、約260品種のオリーブオイルが栽培されています。スペイン中からその品種で最高の生産者を選び抜いて「ガウロス」になるのです。 オリーブオイルで大切なことは鮮度=酸化を防ぐと言うこと。オリーブの果実が柄から離れた瞬間から酸化が始まるため、オリアエサが選ぶ生産者はオリーブを収穫後、ただちに搾油所へ運びます。

搾油:オリーブは収穫後、その日のうちに搾油されます。

搾油

「エキストラバージンオリーブオイル」は、オリーブの実をそのまま絞った「100%オリーブのジュース」と言えるものです。ここでも新鮮な味わいを保ち、酸化を防ぐために徹底的な温度管理をし、27℃以下の『低温抽出(コールドプレス)』で搾油しています。すべてオリーブは収穫後、その日のうちに搾油を終わらせています。

品質の保証:ガウロスは第三者機関の厳密な検査の上アンダルシア州政府の公認を得た、確かな品質を保証されたオイルです。

品質の保証

オイルの酸化度を示す『酸価』はオリーブオイルの質を見極める一つの大事な指標で、数値が低い方が酸化されていないオイルということです。IOC(国際オリーブ協会)によるエキストラバージンオリーブオイルの規定は0.8%以下となっていますが、オリアエサが選ぶこだわりの早摘みエキストラバージンオリーブオイルはすべて酸価が0.1%台です。また第三者機関の厳正な検査のうえアンダルシア政府の公認を得た、確かな品質を保証されたオイルとなっています。

オリーブジャパン2023金賞など権威ある賞を受賞
伝統的なオリーブの製法:ガウロスは歴史あるオリーブオイルの産地で生まれました

”本当のオリーブオイル”
ガウロスの特徴

ガウロスはスペインで作られる様々な品種のオリーブを、美味しさが最も引き立つように選び抜いています。すべてに共通するのは酸化を抑えるスピーディーな搾油と、通常12月ごろに収穫されるところを10月に収穫する『早摘み』と言われるプレミアムなオイルであること。

早摘みオリーブオイル

早摘みの果実はまだ固いため搾れるオイルの量は通常の約半分ほどと貴重なもので、品種の持つ個性的な味を最大限に感じることができ、その価値に見合う美味しさです。

早摘みオリーブオイル

ガウロスのオリーブ品種

  • ピクアル種

    ピクアル種

    苦みの評価

    ハエンで生産される代表的な品種で、甘味・辛味・苦味のバランスが良く使いやすいオイル。ポリフェノール含有量が多いため、他の品種より風味を長く保つことができます。

    味の特徴

    フレッシュな青りんごやトマトの香りにバランスのとれた苦味と辛味。

    ソムリエのおすすめ

    味噌、ヨーグルト×バナナ(お通じが気になる方に)、はちみつ×食パン

  • アルベキーナ種

    アルベキーナ種

    苦みの評価

    元々はカタルーニャ地域の品種で青リンゴやナッツの香りと甘味が強いのが特徴。ハエン産は土壌の影響により辛味も感じられます。

    味の特徴

    フルーティな香りと口の中に広がるナッツのようなコクと甘味。

    ソムリエのおすすめ

    ブリオッシュなどの甘めのパン、ヨーグルト、バターの代わりに

  • オヒブランカ種

    オヒブランカ種

    苦みの評価

    フルーティというよりは野菜のような爽やかな緑の香りで、強い苦味が特徴。お肉の仕上げに、またルッコラや水菜など苦味が強い野菜のサラダとよく合います。

    味の特徴

    若々しい緑の香りの後にくるキリッとしたおろし大根のような苦味。

    ソムリエのおすすめ

    ルッコラ、大根、水菜、野菜や赤身のお肉

  • フラントイオ種

    フラントイオ種

    苦みの評価

    若いアーモンドやリンゴなどのような繊細でエレガントな香りが特徴的で、辛味はありますが苦みは控えめ。トロピカルなフルーツにも合います。

    味の特徴

    お花を思わせるエレガントな香りとすっきりとした後味。

    ソムリエのおすすめ

    スポンジケーキ、プリン、アイス

GAULOS extra virgin olive oil
オリーブオイルと健康

オリーブオイルと健康

上質なオリーブオイルには、オレイン酸の他にもクロロフィルやポリフェノール、植物性ステロールなどのフィトケミカルや、ビタミン類が含まれており、食品医薬品局(FDA)や欧州食品安全機関(EFSA)が毎日大さじ2杯のエクストラバージンオリーブオイルの摂取を推奨するほど他の調理油にはない高い健康効果があると言われています。さらに早摘みオリーブオイルであるガウロスは抗酸化物質であるポリフェノールをより多く含む、カラダに嬉しいオイルです。

オリーブオイル中の脂肪酸含有比率:オレイン酸76.5%

オレイン酸

食生活の乱れやストレスと関係する悪玉コレステロールですが、オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸は、体にいい影響をもたらす善玉コレステロールの働きを助け、悪玉コレステロール値のみ下げてくれる効果が。体内のコレステロールバランスを良好に保ってくれます。

早摘みのオリーブは豊かなポリフェノールを含みます

ポリフェノール

ピクアル種は特に豊富に含むポリフェノール。優秀な抗酸化物質で、オリーブオイルそのものの酸化を防ぎながら、生活習慣病のリスク対策や美容にも良い影響を与えてくれます。

  • 地中海風ポテトサラダ

    地中海風ポテトサラダ

    スペイン料理は新鮮な素材の美味しさを引き出すのが真骨頂!じゃがいもだけでも驚くほどおいしくなる、シンプルで爽やかなポテトサラダをご紹介します。 簡単に作れるので、もう1品ほしいときや、おつまみとしてもおすすめ!白ワインとよく合いますよ♪   材料(3~4人前) ◎ じゃがいも 大きめ2つ 約500 g ◎ イタリアンパセリの葉 一握り ◎ にんにくのすりおろし(にんにくチューブでもOK) 小さじ1/2 (苦手な方はほんの少し) ◎ オリーブオイル 大さじ2~3 (お好みでたっぷり!) ◎ 塩、こしょう 少々 ポイント ・じゃがいもはしっとりしたものがよく合います。 ・イタリアンパセリはフレッシュなものがベスト! ・ガウロス・ピクアルの爽やかな香りがよく合います。 作り方 1 じゃがいもを皮のまま丸ごと水から茹でる。沸騰してから中火(ぐつぐつするくらい)で15分、火を消して余熱で15分。お湯に塩をひとつまみ入れておく。 2 じゃがいもを茹でている間に、イタリアンパセリの葉をみじん切りにする。 3 じゃがいもが柔らかくなったら温かいうちに皮をむき、食べやすい大きさに切る。 4 ボウルにじゃがいも、にんにく、オリーブオイルを入れよく混ぜる。後からイタリアンパセリを加えて、よく混ざったら塩・こしょうで味をととのえる。 ポイント ・じゃがいもを皮ごと茹でることで旨味を逃さず、イタリアンパセリとオリーブオイルの爽やかな香りが引き立ちます!

    地中海風ポテトサラダ

    スペイン料理は新鮮な素材の美味しさを引き出すのが真骨頂!じゃがいもだけでも驚くほどおいしくなる、シンプルで爽やかなポテトサラダをご紹介します。 簡単に作れるので、もう1品ほしいときや、おつまみとしてもおすすめ!白ワインとよく合いますよ♪   材料(3~4人前) ◎ じゃがいも 大きめ2つ 約500 g ◎ イタリアンパセリの葉 一握り ◎ にんにくのすりおろし(にんにくチューブでもOK) 小さじ1/2 (苦手な方はほんの少し) ◎ オリーブオイル 大さじ2~3 (お好みでたっぷり!) ◎ 塩、こしょう 少々 ポイント ・じゃがいもはしっとりしたものがよく合います。 ・イタリアンパセリはフレッシュなものがベスト! ・ガウロス・ピクアルの爽やかな香りがよく合います。 作り方 1 じゃがいもを皮のまま丸ごと水から茹でる。沸騰してから中火(ぐつぐつするくらい)で15分、火を消して余熱で15分。お湯に塩をひとつまみ入れておく。 2 じゃがいもを茹でている間に、イタリアンパセリの葉をみじん切りにする。 3 じゃがいもが柔らかくなったら温かいうちに皮をむき、食べやすい大きさに切る。 4 ボウルにじゃがいも、にんにく、オリーブオイルを入れよく混ぜる。後からイタリアンパセリを加えて、よく混ざったら塩・こしょうで味をととのえる。 ポイント ・じゃがいもを皮ごと茹でることで旨味を逃さず、イタリアンパセリとオリーブオイルの爽やかな香りが引き立ちます!

  • 甘さ控えめヘルシーはちみつスコーン

    甘さ控えめヘルシーはちみつスコーン

    バターも卵も使わずに作るスコーンです。カロリーは控え目でオリーブオイルならではの風味が加わり、粉と混ざりやすいためサッと作れるのもうれしいメリット! 甘さ控えめなので、ジャムやクリームチーズと合わせておやつとしても、卵やベーコンと合わせて朝食にもぴったり。 材料(約6個分) (A) はちみつ 30 g (A) 牛乳 60 mL (B) 薄力粉 180 g (B) ベーキングパウダー 6 g (B) きび砂糖 10 g ◎オリーブオイル 40 mL  ポイント ・ガウロス・アルベキーナは甘みが強くフルーティな香りとコクがあり、バターの代わりとしても重宝されます♪   作り方 準備) オーブンを200度に余熱しておく 準備) (A)をよく混ぜ合わせておく。はちみつが溶けにくいときは電子レンジで少しだけ温めるとよく混ざります。(500W,...

    甘さ控えめヘルシーはちみつスコーン

    バターも卵も使わずに作るスコーンです。カロリーは控え目でオリーブオイルならではの風味が加わり、粉と混ざりやすいためサッと作れるのもうれしいメリット! 甘さ控えめなので、ジャムやクリームチーズと合わせておやつとしても、卵やベーコンと合わせて朝食にもぴったり。 材料(約6個分) (A) はちみつ 30 g (A) 牛乳 60 mL (B) 薄力粉 180 g (B) ベーキングパウダー 6 g (B) きび砂糖 10 g ◎オリーブオイル 40 mL  ポイント ・ガウロス・アルベキーナは甘みが強くフルーティな香りとコクがあり、バターの代わりとしても重宝されます♪   作り方 準備) オーブンを200度に余熱しておく 準備) (A)をよく混ぜ合わせておく。はちみつが溶けにくいときは電子レンジで少しだけ温めるとよく混ざります。(500W,...

  • 大豆の美味しさ引き立つ洋風冷ややっこ

    大豆の美味しさ引き立つ洋風冷ややっこ

    「豆腐」にオリーブオイルをかけるだけ!意外な組み合わせのようですが、互いを引き立てあって相性抜群な組み合わせなんです。 材料(約1人分) ◎ 豆腐 約150 g ◎ オリーブオイル 大さじ2~3 (お好みでたっぷり!) ◎ 塩 ひとつまみ ◎ あらびきこしょう 少々 ポイント ・豆腐は絹でも木綿でも、お好みのもので構いません。 ・シンプルな組み合わせなので、ぜひ色んなオリーブオイルでお試しください♪ 作り方 1 豆腐をキッチンペーパーでくるんで、上から豆腐が潰れない程度の重しをして冷蔵庫に入れる。10〜20分ほど置いて軽く水切りをする。 2 水切りした豆腐にオリーブオイルをまわしかけ、塩とあらびきこしょうをふれば完成。 ポイント ・水切り時間を長くすると、チーズのような食感に近づきます。

    大豆の美味しさ引き立つ洋風冷ややっこ

    「豆腐」にオリーブオイルをかけるだけ!意外な組み合わせのようですが、互いを引き立てあって相性抜群な組み合わせなんです。 材料(約1人分) ◎ 豆腐 約150 g ◎ オリーブオイル 大さじ2~3 (お好みでたっぷり!) ◎ 塩 ひとつまみ ◎ あらびきこしょう 少々 ポイント ・豆腐は絹でも木綿でも、お好みのもので構いません。 ・シンプルな組み合わせなので、ぜひ色んなオリーブオイルでお試しください♪ 作り方 1 豆腐をキッチンペーパーでくるんで、上から豆腐が潰れない程度の重しをして冷蔵庫に入れる。10〜20分ほど置いて軽く水切りをする。 2 水切りした豆腐にオリーブオイルをまわしかけ、塩とあらびきこしょうをふれば完成。 ポイント ・水切り時間を長くすると、チーズのような食感に近づきます。

1 3